映画 ひみつのアッコちゃん

映画「ひみつのアッコちゃん」

「映画 ひみつのアッコちゃん」とは、2012年に公開された実写映画。

原作は言わずと知れた国民的漫画家、赤塚不二夫の大人気少女漫画「ひみつのアッコちゃん」。
半世紀以上もの間何度もTVアニメ化されるなど、幅広い年齢層のファンを有するこの作品を、綾瀬はるかによる主演で実写化。

監督は、同じく人気漫画作品を実写化した「のだめカンタービレ 最終楽章」(後編)の川村泰祐がつとめた。

鏡の精からもらった魔法のコンパクトを使って22歳の女子大生に変身し、大好きなお洒落やメイクを楽しんでいたアッコちゃん。
そんな彼女をある日、化粧品会社のエリート社員である尚人がスカウトする。

尚人と共に化粧品会社で働き始めるアッコちゃんだが、中身は10歳の女の子なので大人社会の勝手がわからず失敗続き。

それでもアッコちゃんならではの純真で斬新な発想が、会社と尚人のピンチを救う。
アッコちゃんと尚人の距離も縮まっていくが、アッコちゃんは次第に自分の正体が小学生の女の子である事を隠し通すべきか悩み始める
秘密を抱えたアッコちゃんと尚人の恋の行方はどうなってしまうのか…。

鏡の精がくれた“変身できる魔法のコンパクト”を使って、主人公のアッコちゃんが変身して活躍する、という設定はそのままに、物語の舞台を2012年に移した映画オリジナルストーリーとなっている。

22歳の女子大学生に変身したアッコちゃんが恋に落ちる相手・早瀬尚人を演じるのは岡田将生。

その他、ふたりを取り巻く個性豊かなキャラクターたちを、谷原章介、吹石一恵、塚地武雅、もたいまさこ、など、キャラクターに劣らぬ個性派役者たちが演じる。

また、アニメ版では女性キャラとして描かれていた「鏡の精」だが、本作では原作に登場する「鏡の国のおじさん」として、香川照之が黒ずくめの怪しい風体の鏡の精を演じる。

原作やアニメ版のファンはもちろん、「ひみつのアッコちゃん」を知らない世代の人でも楽しめるファンタジーラブコメ作品となっている。

Copyright (C) 映画「ひみつのアッコちゃん」 All Rights Reserved.